いぬねこ

大型犬3匹と猫5匹との北海道の自然の中での生活。カフェ+雑貨店+ドッグラン営業中。いぬねこにまみれた日々。

北海道富良野「花七曜」営業中。カフェは夏期ウッドデッキ席のみワンちゃんOK。約180坪の芝生のドッグランがあります。富良野にお越しの際は是非お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬を亡くすということ

0   0

クラウディーがお星さまになって、もう4年にもなるのに、この間、店でお客さまと話していて、

お客さまと2人してぼろぼろ泣いてしまった(:_;)

ほんと、年取ると涙もろくなるねぇー


幸いにも他のお客様がいらっしゃらない時間帯だったのでよかったけれど。



その人は、中学生ぐらいの娘さんと一緒に神奈川から来てくださった。

去年まで旭川に住んでいらして、その時にシュナウザーを亡くしたとのこと。

その子のお骨の一部が旭川のお寺に納めてあて、そのお墓参りをかねて

ようやっと旭川に旅行に来ることができたとおっしゃっていた。



ペットロスという言葉があるけれど、

その方もいろいろ引きずっていらっしゃって、

店に飾ってあるミニチュアシュナウザーのクラウディーの写真を見ながらいろいろお話しさせていただいた。



クラウディー




家の店には、旭川に住んでいた時のシュナウザーを飼っていらっしゃるお友達に聞いていて、

今回、思い立って来てくださったとのこと。


ここに来て、いろいろお話しができてよかったと言っていただいた。

私には必要だったんだと思います。とまで。




私にとっても、クラウディーは一番最初の犬で、色々な意味で、特別な子。



レイニーのように、17歳で老衰で、静かに看取ったというのとはまた全然違って、


病気だったので仕方がない、とはいえ、

疑問の残る手術を受けさせてしまって(完治すると言われたから、手術した)、

その手術の麻酔後から立てなくなって、そのまま違う病名での死亡という

とても、心残りな亡くなり方だったので。





こちらこそ、ありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hanasichi.blog.fc2.com/tb.php/215-6ea01370
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。