いぬねこ

大型犬3匹と猫5匹との北海道の自然の中での生活。カフェ+雑貨店+ドッグラン営業中。いぬねこにまみれた日々。

北海道富良野「花七曜」営業中。カフェは夏期ウッドデッキ席のみワンちゃんOK。約180坪の芝生のドッグランがあります。富良野にお越しの際は是非お立ち寄りください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬介護

0   0

レイニーは17歳と8ヶ月。

耳はもうとおに聞こえないけれど、まだよろよろながら自分で歩けるし、

目も白内障気味だけど見えているよう。

人や他の犬や猫がいると、気配でわかるようだし、

年齢の割には優秀かな。


レイニー


でもやっぱり、人間の介護があるように、

老犬介護、現在進行形。



大阪から連れてきた3匹の犬は、レイちゃん1匹になってしまった。

1匹は交通事故で、もう1匹は病気でたいして寝付くこともなく

あれよあれよという間にお星さまになってしまって、

ちゃんとちゃんと年をとって行くレイニーをみれることは嬉しいことでもある。


でも、自営業でよかった。

いつでも、レイニーが呼ぶときにそばにいてやれるから。


おしっこ、うんちの時は基本、ひゃんひゃんと呼んでくれる。

してから呼ぶことも。

おむつ(人間の赤ちゃん用のおむつにハサミで尻尾穴をあけて使っている)はしているけれど、

大型犬だし、まぁ、今は痩せちゃって中型犬ぐらいかな、で、


量は多いし、ゆるいことも多いので、はみ出すことはしばしば。

なので、大判のおしっこシーツをガムテープで貼ったものを

カドラーにかぶせておもらし対策に。

汚れてしまった場合は、おしっこシーツを外せば、カドラーは無事という具合。

自分でほりほりしておしっこシーツを外してしまって、カドラーが汚れてしまっても、

カドラーは防水性、撥水性のあるナイロン素材のカバー付きなので、

カバーを外して洗えばOK。


この家を建てるときに、コンサバトリーをつけてもらって、

そこに犬用の足洗い場をつけてもらったので、

それはレイニーのおもらし時にも大活躍している。


消化機能が衰えてきているようで、

友達に、ドッグフードはアーテミスの老犬用がいいと聞いて、

それにしているけれど、最近はアーテミスもだめかなぁというところなので、

悩み中。



レイニーがいるから、どこへも行けない、というのは嫌なので、

ちょっとした買い物でも、留守番がいないときはレイニーを車に乗せて行く。


後部座席を思いっきり後ろに下げて、その足元に汚れ防止のレジャーシートを敷いて、

カドラーを置いて、赤ちゃん用のおしっこシーツを敷いてと

汚してもとればいいように何重にもガードしてお出かけ。




今は、ちょっとしたときに留守番してくれるムスコが1ヶ月留守にしているので

出かけにくくなってしまったけれど

それはしょうがないかな。


できるだけ工夫して、レイニーが楽なように、

私たちがしんどくならないように。



もう少し、長生きしてね、レイニー。








関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hanasichi.blog.fc2.com/tb.php/205-150edd15
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。